費用相場

会社設立にかかる費用の相場について

会社設立するときには、登記費用やオフィスの賃貸料、人件費などさまざまなところでお金がかかります。会社設立にあたってかかる費用は、設立する会社の規模によってもかわってきます。

自宅をオフィス代わりにして行う小規模な個人経営の場合だと20万~30万円前後は最低必要となってきます。仕事場を自宅ではなくマンションの一室などを借りて行う場合は、さらに費用がかかります。まず、会社設立するには、法務局で登記の申請手続きが必要となってきます。

その際にかかる手数料等が合計23万~25万の間になります。内訳としては、定款認証料が5万円で、登録免許税が15万円になります。これは、設立代行会社に依頼した場合の金額です。自分で登記申請した場合は、さらに印紙代として4万円かかります。設立代行会社に依頼した場合は、手数料として1万円が相場になります。

会社の印鑑を用意するのに代表印と銀行印、角印の3本セットを購入した場合は、だいたい2万前後が相場になります。その次にオフィスを自宅とは別にする場合は、賃貸にかかる費用があります。まず、借りるオフィスの部屋の広さにもよりますが、2~3名前後の人数で仕事をすると仮定した場合は、だいたい不動産への仲介手数料や敷金・礼金などを含めて平均100万前後は必要となってきます。

最近では、賃貸オフィスよりも敷金や礼金が安く設定されているレンタルオフィスを利用する起業主が増えています。オフィスの次には、事務の作業で必要なパソコンや固定電話、プリンター、デスクや椅子、文房具などの事務用品一式が必要となってきます。この事務用品一式にかかる平均は、50万前後になります。

そして、会社設立後には、広告もしないといけません。広告費には、自社のホームページ作成に約20万ぐらいかかり、名刺やロゴ作成もいれるとだいたい25万程度は必要となってきます。起業するにあたっては、初期の段階で200万ぐらいは最低かかる計算になります。

そして、利益がでるまでの最初の3か月は500万ぐらいの資金が必要となってきます。起業を始める人の多くは、500万前後が平均相場となっています。

会社設立する際には、法務省をはじめとしたさまざまな公的機関への書類も提出なども必要となってくるため、行政書士などの法律の専門家に依頼することもあります。

その場合には、専門家に依頼した際の手数料も費用に加える必要がでてきます。また、利益が出てくると今度は、税金対策も必要となってくるため、税理士にも相談することが増えると予想されますので、その方面での手数料も諸経費に付け加えたほうがよいです。

最新記事

  • 会社設立時に用意する設立趣意書 現代の日本において、長年の不景気や、大企業の破たん、また災害や政府の指針による極端な円安など、先行きの見えない状況が長い期間にわたって続いています。 こうした状況の中では、景気が上昇傾向に …

    設立趣意書

  • 会社設立と割印に使う印鑑の印鑑カード 新規で事業を興して社長になるためには会社設立の手続きを行う必要があります。近年この会社設立のための手続きが緩和され、少ない資金でも会社設立ができるようになりました。 個人で起業する場 …

    割印に使う印鑑

  • 会社設立のために必要な登録免許税の金額 登記申請をすることで会社設立が完了します。 この登記申請をするためには登録免許税という税金を支払わなければなりません。ですから、会社設立のための費用として掛かるもので、予算として考 …

    登録免許税の金額