割印に使う印鑑

会社設立と割印に使う印鑑の印鑑カード

新規で事業を興して社長になるためには会社設立の手続きを行う必要があります。近年この会社設立のための手続きが緩和され、少ない資金でも会社設立ができるようになりました。

個人で起業する場合、およそ20万円から30万円ほどもあれば会社を作ること自体は可能になりました。色々と面倒な手続きもありますが、時間をかければ出来ない手続きはありません。

専門家と相談するの良しですので会社設立を具体的に目指す際には司法書士などの専門家との相談の機会を得るようにしましょう。

なお、それとは別に自分で用意しなければならないものもいくつか存在しています。その一つが印鑑なのですが、この印鑑は一般的には3種類の物を作成するのが一般的です。

まず第一が代表印と呼ばれる会社の印鑑です。契約書に使用したり、重要な決裁書類に使用するための重要な印鑑であり、一般的に割印として使用するのはこの代表印となります。次に銀行決済などで使う印鑑を別の物として管理するのが一般的です。

代表印のデザインを少し変えて作ることが多く、銀行印と呼ばれています。

これは銀行決済に関連する目的で使用する印鑑であり、経営者が管理すべき印鑑の一つです。そして最後に四角い印鑑である角印が良く作られます。

一般的に角印は代表印の様な力は持たないものの、会社の承認している書類であるということを示す書類であることを示すことが出来ます。この様な3種類の印鑑はしっかりとした文具店であれば会社設立用の印鑑セットとして注文することが出来るでしょう。

この内、割印で使用する代表印は会社設立手続きと並行して法務局に届出を行う必要があります。この印鑑を使用して印鑑証明を作成するのがその目的となります。印鑑証明を作成すると法務局から印鑑カードと呼ばれるカードが発行されます。

以後はそのカードを使用して印鑑証明を発行してもらうことが可能になります。この様に法的に有効な印鑑とする手続きを踏みますので代表印は他の印鑑とは異なり会社の実印としての効力を持つことになります。

そのため厳格な管理が必要な印鑑であるということが出来るでしょう。

この代表印は契約書などの重要書類の割印として使用されるほか、市町村などの公共事業に関する入札に参加する場合などにも必要となります。

この様な入札の場合には印鑑証明を添えて参加することが求められますので事前の準備が必要となります。

この点については注意をしておきましょう。

最新記事

  • 会社設立時に用意する設立趣意書 現代の日本において、長年の不景気や、大企業の破たん、また災害や政府の指針による極端な円安など、先行きの見えない状況が長い期間にわたって続いています。 こうした状況の中では、景気が上昇傾向に …

    設立趣意書

  • 会社設立と割印に使う印鑑の印鑑カード 新規で事業を興して社長になるためには会社設立の手続きを行う必要があります。近年この会社設立のための手続きが緩和され、少ない資金でも会社設立ができるようになりました。 個人で起業する場 …

    割印に使う印鑑

  • 会社設立のために必要な登録免許税の金額 登記申請をすることで会社設立が完了します。 この登記申請をするためには登録免許税という税金を支払わなければなりません。ですから、会社設立のための費用として掛かるもので、予算として考 …

    登録免許税の金額