会社設立の公告

会社設立の公告をするための方法

会社設立をする手続きの一つとして公告があります。これは会社設立が行われたことを広く示すためのものです。会社が誕生したことを多くの人に知ってもらうことが必要とされるのですが、その方法は3つあります。

また、種類によってはその方法を定款に記載しなければなりませんから、会社設立における定款の作成に取り掛かる前に、どの方法をとるのかを決めておかなければならないでしょう。

定款に定めがない場合には官報に掲載する方法がとられます。銀行や保険会社など、一部の業種では官報に掲載できないと定められていますが、一般的な個人が会社設立をする時には、たいていは官報への掲載の方法をとることができます。現在のところ、もっとも多くとられる方法です。

日刊新聞に掲載することもできますが、どのような日刊新聞でもよいわけではありません。時事に関する事項を掲載していることが必要とされます。そして、最近になって電子的な方法での公告が可能になりました。電子的とは、簡単に言えばインターネット上で公開することを指します。企業としてウェブサイトを持ちたいというニーズは多く、どうせ持つのなら電子的に行ってもコストは変わらないと考える人もいるでしょう。確かにその面はあるのですが、会社設立をする時には注意が必要です。コストが余計にかかるからです。

電子的な方法をとった場合には、調査機関がそれを調査して間違いのないことを証明しなければなりません。URLを提出し、そこに正しく掲載されているかどうかを、外部の調査機関が調べなければならないのです。そのためには費用がかかります。それを考えれば、現在のところ最もコストを抑える方法は、官報に掲載する方法だと考えられます。

会社設立の時には、コストを抑えるために漢方を利用するのがもっともよい方法だと考えられますが、それ以外の時の公告は電子的に行うほうがよい場合が多いです。たとえば、株式会社設立をすれば決算をしなければなりません。決算をしたのちには決算公告が必要とされます。

これを官報に掲載していると、毎年コストがかかってしまいます。ウェブサイトを持っている企業であれば、これをウェブサイト上で行うことによって、実質的な追加コストはほとんどかかりません。

ですから、会社設立をするときには官報を用い、設立後の様々な公告に関してはウェブサイトに掲載するといった方法が、現実的なコスト面では最も優れた方法だと考えられます。

最新記事

  • 会社設立時に用意する設立趣意書 現代の日本において、長年の不景気や、大企業の破たん、また災害や政府の指針による極端な円安など、先行きの見えない状況が長い期間にわたって続いています。 こうした状況の中では、景気が上昇傾向に …

    設立趣意書

  • 会社設立と割印に使う印鑑の印鑑カード 新規で事業を興して社長になるためには会社設立の手続きを行う必要があります。近年この会社設立のための手続きが緩和され、少ない資金でも会社設立ができるようになりました。 個人で起業する場 …

    割印に使う印鑑

  • 会社設立のために必要な登録免許税の金額 登記申請をすることで会社設立が完了します。 この登記申請をするためには登録免許税という税金を支払わなければなりません。ですから、会社設立のための費用として掛かるもので、予算として考 …

    登録免許税の金額