会社設立と電話

会社設立と電話について

会社設立を夢見る人は多いですが、事前に準備万端に整えている人と、とりあえず会社を作ってしまう人とでは大きな違いが存在しています。

事前に準備をしておく人は会社設立後すぐに何をすべきかが明確になっているケースが多く、そのために必要なものも場所も確保しているのが一般的です。例えばオフィスを構える場合には電話などを引いておくような対応は必須となります。

他にもコピー機やパソコンなどの通信機器など必要になるものはいくらでもあります。それらを事前に揃えておくということも経営者の才覚であると言えるでしょう。

会社設立後にやらなければならないことは非常に沢山あります。それらを順序良くこなしつつビジネスをしっかりと軌道に乗せるのが1年目の目的です。

それが上手くいくかどうかで今後の展開が決まると言っても過言ではないでしょう。最近では会社設立の手続きも外注するケースが多くなってきています。これは法的な書類の専門家である司法書士などに会社設立申請の書類の作成一式を任せてしまうようなアウトソーシングが可能になってきたことを意味しています。

この様に他の誰かに任せてしまうことのできることは全て任せてしまい、自分自身でしか行うことのできない問題を絞って対応するのが優秀な経営者と言えるのかもしれません。

電話についても最初は基本的な回線が一つあれば十分でしょう。専用の電話番号を一つ確保すれば後はその電話番号を軸にして事業を展開していけばよいのです。その番号は名刺や会社のパンフレットに載せることになる特別なものですので選べる範囲内でこだわるのが良いでしょう。思い入れのある番号を選ぶことで覚えやすくなるということがあるかもしれません。

将来的に事業が拡大して複数台の電話機を活用して対応しなければならなくなるのであればビジネスフォンの導入も視野に入ってくるでしょう。これはビジネス向けの多機能機であり、内線や保留や録音、自動対応など様々な機能を使うことができるビジネスのための存在です。

最終的には多くの事務所はビジネスフォンを導入して事務所内の連携を強化数rことになるのです。

この様なインフラはある程度はパッケージ化されたものであり、必要とされている事務所の規模や事業の規模で調節することが可能です。そのため事業の成長に伴って拡張していくことができるのです。

成長段階に入ったら可能な限り拡張性のある仕組みを導入することが長く設備を活用する秘訣です。

最新記事

  • 会社設立時に用意する設立趣意書 現代の日本において、長年の不景気や、大企業の破たん、また災害や政府の指針による極端な円安など、先行きの見えない状況が長い期間にわたって続いています。 こうした状況の中では、景気が上昇傾向に …

    設立趣意書

  • 会社設立と割印に使う印鑑の印鑑カード 新規で事業を興して社長になるためには会社設立の手続きを行う必要があります。近年この会社設立のための手続きが緩和され、少ない資金でも会社設立ができるようになりました。 個人で起業する場 …

    割印に使う印鑑

  • 会社設立のために必要な登録免許税の金額 登記申請をすることで会社設立が完了します。 この登記申請をするためには登録免許税という税金を支払わなければなりません。ですから、会社設立のための費用として掛かるもので、予算として考 …

    登録免許税の金額